文字数カウント

選択された条件でテキストの文字数をカウントします。

半角英数字記号を0.5文字としてカウントする
半角スペース、全角スペースを1文字としてカウントする
改行を1文字としてカウントする
HTMLタグ、PHPタグを除外してカウントする



Word上で文字数をカウントする方法

Word上では、3つの方法で文字数を確認することができます。

  1. [校閲]タブから[文字カウント]を選択する
  2. ショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[G]を押す
  3. ステータスバーにもはじめから表示されていますが、こちらの数字は、英字の場合には「文字数」ではなく「単語数」としてカウントされているので注意が必要です

なお、文章の一部をドラッグして行えば、選択した部分の文字数がカウントでき、特に選択していなければ、全文の文字数がカウントされます。

Excel上で文字数をカウントする方法

Excel上では、LEN関数を使うことで文字数を確認することができます。

例えば、A1のセルに入力された文字数をカウントしたい場合には、別のセルに「=LEN(A1)」と入力することで、A1の文字数が表示されます。

Google ドキュメント上で文字数をカウントする方法

Google ドキュメント上では、2つの方法で文字数を確認することができます。

  1. [ツール]タブから[文字カウント]を選択する
  2. ショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[C]を押す

なお、文章の一部をドラッグして行えば、選択した部分の文字数がカウントでき、特に選択していなければ、全文の文字数がカウントされます。

Google スプレッドシート上で文字数をカウントする方法

Google スプレッドシート上では、Excelと同様にLEN関数を使うことで文字数を確認することができます。

例えば、A1のセルに入力された文字数をカウントしたい場合には、別のセルに「=LEN(A1)」と入力することで、A1の文字数が表示されます。

その他のツール

全角半角/大文字小文字など一括変換
英字・数字・記号・カタカナ・スペースの全角半角を統一する一括変換、英字の大文字小文字を統一する一括変換、ひらがなとカタカナを統一する一括変換、スペース・HTMLタグ・PHPタグの一括削除など、入力テキストに対して、様々な編集が行えます。
URLエンコード/URLデコード
URLエンコードとURLデコードをWebページ上から簡単に実行できます。日本語URLの変換などにお使いください。UTF-8、Shift-JIS、EUC-JPの文字コードに対応しています。