上期、下期、四半期とは? 意味と読み方とわかりやすい具体例

企業は、1年間の活動を1期と数えます。上期(かみき)と下期(しもき)は、その1期を半年ごとに区分けしたものであり、前半6か月が上期、後半6か月が下期となります。

上期と下期を区別せずに、半期(はんき)とも呼びます。上期を上半期(かみはんき)、下期を下半期(しもはんき)と呼ぶこともあります。

四半期(しはんき)は、1期を3か月ごとに区分けしたものになります。四等分した四半期を順番に、第1四半期(だいいちしはんき)、第2四半期(だいにしはんき)、第3四半期(だいさんしはんき)、第4四半期(だいよんしはんき)と呼びます。

上期、下期、四半期の始まりは何月?

多くの企業では、1期は4月から始まり翌年の3月で終わりますが、その開始月に特に決まりがあるわけではなく、企業自身で自由に選択することができます。

1期を、10月から翌年9月や、1月から12月としている企業も存在しています。

期首(期の始まり)の違いによって、上期、下期、四半期の始まりも企業ごとに異なります。

上期、下期の具体例

上期、下期の具体例を、4月始まりと10月始まりの場合でご紹介します。

4月始まりの企業の上期、下期

  • 上期
    • 4月(期首)
    • 5月
    • 6月
    • 7月
    • 8月
    • 9月(上期末)
  • 下期
    • 10月
    • 11月
    • 12月
    • 1月
    • 2月
    • 3月(期末)

10月始まりの企業の上期、下期

  • 上期
    • 10月(期首)
    • 11月
    • 12月
    • 1月
    • 2月
    • 3月(上期末)
  • 下期
    • 4月
    • 5月
    • 6月
    • 7月
    • 8月
    • 9月(期末)

四半期の具体例

四半期の具体例を、4月始まりと10月始まりの場合でご紹介します。

4月始まりの企業の四半期

  • 第1四半期
    • 4月(期首)
    • 5月
    • 6月(第1四半期末)
  • 第2四半期
    • 7月
    • 8月
    • 9月(第2四半期末)
  • 第3四半期
    • 10月
    • 11月
    • 12月(第3四半期末)
  • 第4四半期
    • 1月
    • 2月
    • 3月(期末)

10月始まりの企業の四半期

  • 第1四半期
    • 10月(期首)
    • 11月
    • 12月(第1四半期末)
  • 第2四半期
    • 1月
    • 2月
    • 3月(第2四半期末)
  • 第3四半期
    • 4月
    • 5月
    • 6月(第3四半期末)
  • 第4四半期
    • 7月
    • 8月
    • 9月(期末)

ビジネスシーンにおける上期、下期、四半期

企業は、売上高や営業利益などの各種経営に関わる数値を、期の最後にあたる期末に決算という形で取りまとめます。

しかし、期末の決算まで業績が順調かわからないのは困るため、期を上期、下期、四半期という一定の期間で区分けし、それぞれに目標値を定め、経営状態の推移を確認しています。

個々の社員においても同様に、上期、下期、四半期で目標を持って活動していることがほとんどです。

上期、下期、四半期の使い方、例文

この案件は上期中に終わらせておきたかった。
下期に結果を出せないと、昇進に響く。
上期の調子がこのまま下期も続くようだと、会社が危ない。
会社の第1四半期決算の結果は好調であった。
四半期ごとに売上の目標値が上がっていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加