ワークスアイディへの就職/転職はアリ? 元社員による本音レビュー

本レビューは、元社員による寄稿を、公益の観点からネガティブな内容も含め掲載しています。レビュー内容は一個人の見解であり、当該企業がブラック企業かを断定するものではありません。

腕を組むビジネスパーソン

渋谷に本社を置き、大阪や福岡、札幌などにも事業を展開しているワークスアイディ株式会社(旧キューアンドエーワークス株式会社)。NECの傘下にあり規模の大きいSIerです。主にインフラエンジニアの派遣業を行っていますが、開発エンジニアの派遣業にも力を入れつつあります。ここではそんなワークスアイディ株式会社で、2019年から2020年にかけて働いてみた実体験をお話します。ぜひ新卒での入社や転職を検討している学生・社会人の皆様に参考にしていただければと思います。

ワークスアイディ株式会社」の基本情報

英文社名 WorksID Corp
本社住所 東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー23F
設立年月日 1999年7月19日
資本金額 10,963万円
グループ全体の従業員数 非公表

Theベンチャーなみんな仲良し感に好き嫌いが分かれやすい

ワークスアイディは元々若い人が多く、みんなで仲良しな雰囲気が強いです。そのため、好き嫌いが分かれやすい会社だと思います。気の合う同世代と関わる機会も多く、社交的な人からすると楽しいかもしれません。ただ、上層部の人間もベンチャーのノリの人ばかりで、フレンドリーに新卒にも積極的に関わってくるのでそこが少し面倒です。

またワークスアイディは客先常駐なので、毎月1回帰社して定例会に参加する必要があります。定例会は同期などで仲の良い人や同じ部署の人ばかりで固まっていて、1人参加だと若干肩身が狭いです。そして定例会の後は部署ごとの飲み会もあります。飲み会費用は一定額会社から支給されますが全額ではありません。部署に関しては研修を通してある程度個人の性格を考えて相性の良さそうなところに配属してもらえますが、部署のトップと相性が悪いと飲み会もなかなか辛いです。

ワークスアイディの残業時間は派遣先次第

ワークスアイディは客先常駐なので、残業時間も客先次第です。ほとんど残業が無いところに派遣されることもあれば、新卒でいきなり残業続きのところに派遣されることもあります。こればかりは運なのでどうしようもありません。ただ、あまりにも残業続きの職場に派遣されてしまった場合、営業に相談すれば契約期間中でも派遣先を変えてくれるなど対処してもらえます。

ワークスアイディの年収は低め

ワークスアイディの平均年収は30歳前後で300万円~350万円程度です。これは同世代の平均年収と比べても低めでしょう。新卒の月給は22万円なので、入社時の年収は相場通りだと思います。しかし、そこから全然年収が上がらないのがワークスアイディの難点です。昇給は年に1回で1万円も上がりません。しかも管理職のポジションがすでに埋まっていて、昇格もほとんど期待できません。若い人が定着しないのはここが大きいと思います。実際に30代前半でも社内では高齢社員になってしまいます。

社員の教育環境に関しても、新入社員研修は手厚いですがその後は放任主義です。そのため、キャリアアップのための勉強は独学で取り組むしかありませんし、この会社で働いたところで成長もあまりできません。営業が持ってくる仕事も3次受け、4次受けが中心で、なかなか上流工程を経験することも難しいです。また、未経験者を積極的に採用してはいますが、ITに関して全くの未経験者が働ける案件を持ってこれる営業力があるかとなると話は変わります。未経験の状態で開発やインフラなど、研修で学んだ内容を活かせる現場で働けるのは同期入社のうち半分~4分の3程度。事務職やコールセンターのような案件を持ってこられることも多く、結局IT業界に入ったはずなのに経験が積めないこともあります。

先ほど解説したように年収は上がらないので長期間勤めることはおすすめしません。短期間で退職する人も多いですし、3年程度働いたら転職する人が大半です。若い人が多いですが、逆を言えば年齢を重ねたところで働き続けるメリットがない企業なのも事実。IT未経験でIT企業に入るきっかけが欲しい場合には良いものの、経験者にはあまりおすすめしません。

ワークスアイディのハラスメントも派遣先次第

ワークスアイディの社内ではハラスメントはありません。上層部もハラスメントに対して理解があり、部署内などでハラスメントが起こった場合も丁寧に対処してもらえます。ただワークスアイディで働く場合社内勤務になるケースは少なく、大半が客先常駐です。そのため、ハラスメントに遭うかどうかは客先次第の部分が大きいでしょう。特に経験が浅い間は派遣先も限られてくるので、パワハラ・モラハラに遭うリスクも高くなります。

ワークスアイディのブラック企業レベル

ワークスアイディのブラック企業レベルは1です。

【参考】ブラック企業レベルとその目安

  • 5…すべての人にお勧めできません。
  • 4…過酷な労働を愛する人以外にはお勧めできません。
  • 3…強いストレスへの耐性がない人にはお勧めできません。
  • 2…他人よりもストレスに弱い人にはお勧めできません。
  • 1…少しブラックなところもある一般的な会社です。

ワークスアイディの労働環境についてはブラック企業と言うほどではないでしょう。むしろ定時で帰りやすいことを考えると、労働環境については優れた企業です。ただ、年収や将来性の面では不安な部分が残ります。そのため事務職などで緩く働きたくて、人とのコミュニケーションも苦ではない人からすると良いですが、IT業界でしっかりキャリアを形成したい人にはあまりおすすめできません。

緩く働きたい人には良い企業

ワークスアイディは安定してお金がもらえる環境で緩く働きたい人にとっては良い企業です。案件はインフラ・開発どころかコールセンターや事務職の案件を持ってくるような会社なので、IT業界でキャリアを形成したい人には向かないでしょう。ただ、派遣の事務職と捉えて働くのなら年収も良くて快適です。ワークスアイディでIT系の業務を任せてもらえるかは運次第。早期転職も覚悟したうえで入社することをおすすめします。