フレーベル館への就職/転職はアリ? 元社員による本音レビュー

本レビューは、元社員による寄稿を、公益の観点からネガティブな内容も含め掲載しています。レビュー内容は一個人の見解であり、当該企業がブラック企業かを断定するものではありません。

腕を組むビジネスパーソン

株式会社フレーベル館は、どのような会社で、どのような人が働いているのか、就職や転職を考えている方は、応募前や入社前に少しでも多くの情報を集めたいところでしょう。ホームページやインターネットでちらほらある口コミだけを見てもよくわからない情報など、私がおよそ7年在籍して知ったことや感じたことを、5つの項目に分けて、詳しくお伝えしたいと思います。この企業は大丈夫なのかな? という不安をお持ちの方! ぜひ判断材料としてご参考いただければ幸いです。

株式会社フレーベル館」の基本情報

本社住所 東京都文京区本駒込6丁目14番9号
創業年日 1907年(明治40年)4月21日
設立 1920年(大正9年)11月27日 株式会社に改組
資本金額 5,000万円
上場市場 非上場
株主 凸版印刷株式会社
従業員数 407名

フレーベル館の社風・職場の雰囲気は?

フレーベル館の社風は、ズバリ文化系だと言えます。ゴリゴリの体育会系のように、女性も男性のように力仕事、残業という名の夜勤、ハキハキ・テキパキとした強い性格の人が席巻! というのは全くなく、その真逆です。なんとなくゆったりおっとりとした空気が流れ、ガツガツした社員があまりいない印象です。ただこれは、部署にもよって多少変わってくるので、部署の上司の雰囲気がダイレクトにその部署の雰囲気に反映されます。中には、上司やメンバーが比較的人当たりが優しくマイルドな理想的な部署も存在します。

フレーベル館のワークライフバランス(残業時間・休日出勤・有給取得率・育休)は?

近年、この「ワークライフバランス」はとてもよく注目されるようになりました。フレーベル館はこの点、きちんとされている企業だと言えるでしょう。

残業時間

部署によっては、各自の業務の進め方は、ある程度自分でコントロールする裁量権が与えられています。繁忙期は、業務の進み具合によって残業や休日出勤もしますが、それ以外は割とスムーズに、無理のない範囲で仕事ができます。しかし個人差はあるので、やたらと残業時間が多い社員もチラホラと存在します。つまり具体的な残業事情は、上司の采配や個人の業務内容・能力によるというのが実情でしょう。また、既婚女性でお子さんをお持ちの方は、残業時間についてはとても優遇されています。周りの他のメンバーが業務サポートをする体制です。

有給取得率

全体での有給取得率はわからないものの、個人の経験として、休みたいときにきちんと有給で休ませてもらった事実から、全く休めないというようなブラック企業レベルとは程遠いです。

育休

育休については、女性であれば気になる方もいるかもしれませんが、おそらくフレーベル館が一番に誇る体制ではないかと思います。育休はとても取りやすく、保育業界に関わる企業ということもあってか、そもそも出産する女性自体がとても尊重される社風です。

フレーベル館にハラスメントはある?!

次にハラスメントについてですが、部署によってはあるかもしれません。ある部署ではやたらと離職が多く、その原因はどうも部署の上司によるものという噂があったりと、水面下では存在していると感じさせるものはあります。しかし、公になった事件や問題等はないので、残念ながら実際のところはなんとも言えません。これはもう配属される部署、そしてその時の上司によると思うので、「運」ということも残念ながらあるかと思います。もしそんなハラスメントにあってしまったら、人事部に相談できる整った環境はありますし、解決策もあるはずです。部署異動も人によっては頻繁にあったりと、異動願いを出して環境を変えることも難しくありません。

フレーベル館の年収は?

年収は、世間一般の中で比較すると、あまり良くないです。まず、昇給はほとんどありません。あってもごくわずかで、新卒で入社してからほとんど月給が変わらないということも起こりえます。特にボーナスは、同年代の方々と比べるとかなり低いと言えます。都心の会社なので、一人暮らしをしている方には少し厳しいのが現実でしょう。とは言っても、全国の平均年収くらいはあるため、レベルで表すと中の中から中の下というくらいです。昇格試験などをクリアして役職が上がれば、それに伴っての年収UPはあります。

社内結婚をされる方もちらほらいて、共働きの方も多いです。そもそも社員に女性が多く在籍している会社でもあります。そう考えると、とても稼ぎたい人には物足りないかもしれませんが、慎ましやかに暮らしていくのが苦にならない方には、特に問題のない年収かもしれません。

フレーベル館で自分自身の成長は見込めるか?

自分自身の成長は、本人の意志によるものも大きいと思いますが、フレーベル館での仕事を通して成長できる可能性は大いにあります。社会人としての基礎を教わることから業務の専門的知識や技術まで、はたまた社外の人達との関わりを通して、学べることは多いです。どんな仕事でも、自分の学ぶ姿勢次第で成長できるとは思いますが、フレーベル館には、社員を育てる意識を持った上司も存在します。教わることを遠慮しないでいられる環境とも言え、自身の成長は期待できます。

フレーベル館は、総じて良い企業のうちに入る

フレーベル館は、トータルで見ると良い企業という結論です。ガツガツ稼ぎたいという人には向かないかもしれませんが、自身も成長しつつワークライフバランスも見込めるという点では優良かと思います。ブラック企業レベルとその目安を5段階評価でいうと、1 …少しブラックなところもある一般的な会社ということで、多少のハラスメントの可能性はあれど、全体としてのブラック企業レベルはかなり低いでしょう。

【参考】ブラック企業レベルとその目安

  • 5…すべての人にお勧めできません。
  • 4…過酷な労働を愛する人以外にはお勧めできません。
  • 3…強いストレスへの耐性がない人にはお勧めできません。
  • 2…他人よりもストレスに弱い人にはお勧めできません。
  • 1…少しブラックなところもある一般的な会社です。