ダイキエンジニアリングへの就職/転職はアリ? 元社員による本音レビュー

本レビューは、元社員による寄稿を、公益の観点からネガティブな内容も含め掲載しています。レビュー内容は一個人の見解であり、当該企業がブラック企業かを断定するものではありません。

腕を組むビジネスパーソン

株式会社ダイキエンジニアリングを転職先に考えている人に向けて、実際の仕事内容、年収、残業時間、ハラスメントの有無について紹介します。筆者の実体験を元に踏み込んだ内容を書いているので、最後まで読んでもらえると幸いです。また記事の最後にブラック企業レベルを記載しているので参考にして頂ければと思います。

株式会社ダイキエンジニアリング」の基本情報

本社住所 広島県呉市広白石2-7-5ダイキビル1F
創業年日 2003年4月
資本金額 5000万円
従業員数 約800名

ダイキエンジニアリングの残業時間は就業先によって変わる

ダイキエンジニアリングの残業時間は就業先によって大きく変わります。

様々な事業に手を出しているので就業先は好きな仕事を選びやすい環境ですが、専門的な知識を持っている人が少なく自分で仕事を覚えてグループを大きくしていく必要があります。その過程で疲れてしまい、仕事を辞めていく人も多いです。

残業時間が多い傾向にありますが、36協定を結んでおり月の残業時間が決まっている為、違法な残業時間はありません。また残業代は全て払われるので、働いた時間に応じた給料が貰えます。

ただし取引先は大手会社の下請けが多いので、求められる技術は高いです。そんな中、手探りで仕事を覚えていくのは大変で、やる気と覚悟が必要になります。また下請け会社としてどれだけコストを抑えて仕事をしていくかが注視されており、マネージメント能力が必要です。大変な環境ですが、最新の技術に携われるのでやりがいを感じることができます。

ダイキエンジニアリングの年収は少ない

ダイキエンジニアリングは派遣と請負で年収が異なります。例えば派遣の場合、新卒で月16万円、年収200万円前後です。請負の場合は新卒で月20万円、年収250万円前後となります。この月収や年収は他の同業他社に比べて低く、不満を感じる人も多いです。収入が低い理由は人材提供会社だからです。安く単価を見積もり、様々な他会社に技術提供している為、給料が少なくなります。またボーナスは多くても給料1ヶ月分です。

昇給は年1回の面談やチェックシートで決めていますが、昇給の金額が適切に判断できているか不明瞭です。例えば就業先が決まって客先で仕事を始めると、仕事の内容で会社に連絡することは無く、会社側はどんなことをやっているのか詳細がわかりません。これは機密管理上、仕方のないことですが、そんな状況下で昇給の金額を決めている会社に不満を持っている人が多いです。

実際に筆者の周りで20人ほど会社を辞めて行きましたが、ほとんどの人が辞めた理由として給料に不満を持っていました。そして家賃を安くする為に半数が社宅寮に住んでいますが、ルームシェアなので、家に居ても気が休めないという人もいました。年収で住む環境まで変わってしまう為、ブラック企業レベルの加算ポイントです。

ダイキエンジニアリングで成長できる

IT、造船、車のパーツ製造、製図など物作りの下請けを多数行なっているので様々な経験ができ、自分自身の成長に繋がります。また部署間の異動も認められているので、乗り物の物作りをしたい人にお勧めです。ただし下請け事業を行なっており、自社で何かを作っているわけではないので上流工程に興味がある人はあまりお勧めしません。

また会社の業績に関しては不況時でもほぼ横ばいをキープしています。これは様々な事業に手を出しているので、1つの事業が悪くなっても他の事業でカバーできるメリットがある為です。ただし、何か1つの事業に特化している会社ではないので業績の伸びは緩やかです。社内改革や事業改革を行っていないので、自分が先頭に立って会社の売り上げを伸ばしたい人はお勧めできません。

ダイキエンジニアリングはハラスメントが無い

筆者が知る限りダイキエンジニアリング内でハラスメントはありません。しかし客先でハラスメントを受けたという報告を3年間で1回だけ聞いたことがあります。最初の客先は自分で選ぶことができないので、人間関係で合わない人が職場に居る場合があります。

ただし無理して仕事をする必要は無く、メンタルがダメになってしまった時の対応も会社で行っているので、気軽に相談できる職場環境です。また就業先でも職場環境に関するアンケートを定期的に行なっているので、安心して働くことができます。

総評

ダイキエンジニアリングは物作りに対して興味がある人にはお勧めですが、収入が低く仕事を続けていくにはモチベーションを維持する必要があります。実際に収入が低く辞めていく人が多数居ます。

しかし36協定をしっかりと守っている点やハラスメント時のケアなど働く為の体制は整っています。そして大手企業と取引しているので最新の技術を学ぶことが可能です。

ただし自分で物作りのアイデアを出して仕事をしたい人にはお勧めしません。ストレス無く仕事を続けるのが難しく、就業先で常駐することが多い為、我慢することが多い職場環境です。

ダイキエンジニアリングは仕事のステップアップをしたい人におすすめ

ダイキエンジニアリングのブラック企業レベルは2です。

【参考】ブラック企業レベルとその目安

  • 5…すべての人にお勧めできません。
  • 4…過酷な労働を愛する人以外にはお勧めできません。
  • 3…強いストレスへの耐性がない人にはお勧めできません。
  • 2…他人よりもストレスに弱い人にはお勧めできません。
  • 1…少しブラックなところもある一般的な会社です。

様々な物作りの経験が積めるので、ステップアップにお勧めの企業ですが、その反面、自分でアイデアを出したい、管理職を目指したいという人はお勧めしません。収入も低いのでモチベーション維持が難しいす。その為、将来管理職や上流工程をしたい人は、どのタイミングで別の会社を探すか計画的に行動するようにしましょう。