プライオリティとは? 意味と使い方とビジネスシーンにおける位置づけ

プライオリティとは、主に「優先順位」や「優先度」の意味合いで使われているビジネス用語です。

英語の「priority」をそのまま使用したカタカナ語になります。

ビジネスシーンにおけるプライオリティ

仕事において、一人で複数の業務、タスクを抱えることはめずらしくありません。その複数の業務、タスクの中から、どれが緊急性が高いのか、重要度が高いのかを判断し、プライオリティを決め、順番に処理していきます。

もし、プライオリティの設定を間違えると、業務進行がスムーズに行かず、ときにはクライアントからのクレームに発展する可能性もあります。業務進行上、プライオリティの設定は重要なものです。そのため、業務、タスクのプライオリティを、上司やリーダーと相談してフィックスした上で、実際の進行に移すことも少なくありません。

マネージャーは、自分が預かるチームのミッションを達成するために、常にチーム内の業務、タスクのプライオリティを考え、適切に判断する能力が求められます。その際は、俯瞰的、客観的な視点が必要となります。

プライオリティの使い方、例文

この業務は、プライオリティが高いため、急いで行わないといけない。
課長、頂戴したこのタスクのプライオリティはどのていどでしょうか。
このタスクのプライオリティは低いので、一時ペンディングする。
彼のプライオリティの設定はめちゃくちゃだ。これではプロジェクトが破綻する。
この業務のプライオリティが高いとは思えない。他の業務のプライオリティを上げるべきだ。

この記事に出てきたその他の用語

タスクとは? 意味と使い方とビジネスシーンにおける位置づけ
タスクとは、「作業」、「課題」、「仕事」、「任務」を意味する、英語の「task」をそのままビジネス上で使用している言葉です。 コンピュ...
フィックスとは? 意味と使い方とビジネスシーンにおける位置づけ
フィックスとは、「確定する」、「決定する」、「固定する」を意味するビジネス用語です。 英語の「fix」をそのまま使用しているカタカナ語...
ペンディングとは? 意味と使い方とビジネスシーンにおける位置づけ
ペンディングとは、主に「保留する」、「先送りにする」、「後回しにする」の意味合いで使われているビジネス用語です。 「保留中の」、「未決...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加