サッポロドラッグストアーへの就職/転職はアリ? 元社員による本音レビュー

本レビューは、元社員による寄稿を、公益の観点からネガティブな内容も含め掲載しています。レビュー内容は一個人の見解であり、当該企業がブラック企業かを断定するものではありません。

腕を組むビジネスパーソン

ここでは株式会社サッポロドラッグストアーへの就職や転職を検討している方に向け、2014年から2021年まで複数の店舗で勤務した経験を持つ元社員が内情をお伝えします。

快適に働ける職場環境なのか、ハラスメントはないのか、いわゆるブラック企業ではないのかなど実体験に基づいて記すので、仕事探しをする際の参考になれば幸いです。

株式会社サッポロドラッグストアー」の基本情報

英文社名 SAPPORO DRUG STORE Co., Ltd.
本社住所 札幌市東区北8条東4丁目1番20号
創業年日 1972年12月(株式会社として設立したのは1983年4月)
資本金 1億円
従業員 678人(2016年2月15日現在)
事業内容 ドラッグストアチェーンの営業

明るく話し上手で責任感のある人が重宝される

サツドラの愛称で知られているサッポロドラッグストアーは医薬品をはじめ、食料品や雑貨品などを販売している小売店です。接客業なので多くの人と接することになります。そのため、明るくはきはきとした話し方ができることが働くための最低条件と言えるでしょう。

広い店舗に幾つもの商品を陳列しているので、利用客から商品の置き場所などを聞かれることも少なくありません。商品の有無や置き場所を熟知していることもスタッフに求められる事柄なので、常に店内の状況を把握する必要があります。

医薬品を扱うのは薬剤師の役目ですが、一般の販売スタッフも名称や基本的な効能を知っておかなければ仕事になりません。店舗ごとに取り扱い商品は多少異なるので、その点も注意する必要があります。

接客業でもっとも重視されるのがコミュニケーション能力と言えるでしょう。同じ接客でも態度や話し方で印象が大きく変わります。常に笑顔ではっきりと物事を示すことができる、明るく前向きな人ほど重宝されます。

単に明るいだけではなく、自分が知らないことは素直に認めて熟練のスタッフにサポートを求める謙虚な姿勢も必要です。医薬品は体調の良し悪しに大きく関わる物なので、責任を持って接客を行うことが求められます。

勤務時間はほぼ安定しているが収入面で不満もある

サッポロドラッグストアーでの仕事は基本的に残業時間は発生しません。ドラッグストアは明確な繁忙期がないため、一年を通してほぼ安定した勤務時間になります。商品の入れ替えや棚卸など特別な場合を除き、一般の販売スタッフならひと月の残業時間はほぼゼロです。店長など役職に就いている人は残業がありますが、それでもひと月に10時間から15時間程度がほとんどです。

拘束時間が長引かないので自分の自由時間を重視したい人には魅力的な職場ですが、一方で残業がないことによって収入が増えにくい欠点もあります。入社一年目の一般販売スタッフの年収は200万円前後ですが、これは多くの店舗を置く北海道の最低賃金に基づく年収とほぼ同額です。

勤続年数が長くなり、役職に就くことで年収アップが見込めますが、そのペースは決してスムーズとは言い難いのが実状です。勤続年数が長いベテランでも役職に就いていない一般販売スタッフでは20万円から30万円程度の増額に留まっています。店長などの役職持ちでも経験が少なければ30万円から50万円ほどの増額です。

サッポロドラッグストアーは長時間勤務が非常に少ない一方、年収も同業他社と比べると決して多いとは言い切れません。

スキルアップやハラスメントの問題について

サッポロドラッグストアーでの勤務でスキルアップを目指す場合、接客と医薬品の知識に大別されます。

接客の場合、型通りの対応ではなく、相手に応じて最適な方法で接する柔軟性が重視されます。ひと目見ただけでどのような人なのかを把握し、最適な方法で接するのが接客スキルを向上させる秘訣と言えるでしょう。

他の仕事は完璧にこなせるのに接客だけは不得手というケースも珍しくないので一概に言い切ることはできませんが、利用客が何を欲しているか、自分はどのように接するべきかを冷静に判断することが接客スキル向上の秘訣と言えるでしょう。

個人ごとに向き不向きがありますが、経験を積むことである程度の問題は克服できるので根気強く取り組むことが重要です。

立場を利用したパワハラや異性に対するセクハラなど、ハラスメントの問題は幾つかの店舗で発生しています。本社はどのような理由でもハラスメントを許容しない方針を示していますが、その方針がすべての店舗で徹底されているわけではありません。

店長が一般スタッフに、一般スタッフがパートやアルバイトに対してパワハラを行うことがあります。店舗スタッフは女性が多いので、女性が男性に対して行うセクハラが報告されています。

中途採用のパートやアルバイトが正社員の一般スタッフからハラスメントを受けるケースも多いので、店舗スタッフの求人を見て働く際は店舗の離職率や評判を事前に調べるのが賢明でしょう。

いわゆるブラック企業レベルについてはほとんど問題がない好意的な評価ですが、これはすべての店舗を含めた平均値の結果です。店舗ごとに働きやすさの差が大きいので、その点は注意する必要があります。

サッポロドラッグストアーのブラック企業レベル

サッポロドラッグストアーのブラック企業レベルは5段階の中で最低値の1です。

【参考】ブラック企業レベルとその目安

  • 5…すべての人にお勧めできません。
  • 4…過酷な労働を愛する人以外にはお勧めできません。
  • 3…強いストレスへの耐性がない人にはお勧めできません。
  • 2…他人よりもストレスに弱い人にはお勧めできません。
  • 1…少しブラックなところもある一般的な会社です。

1は少しブラックな点もある一般的な企業という評価ですが、サッポロドラッグストアーの場合はすべての店舗の評価から算出した平均値です。年収は決して高い方ではなく、一部の店舗ではハラスメントも発生しています。長時間勤務を避けたい人には働きやすい職場ですが、多く稼ぎたい人やストレスを感じたくない人には不向きと言わざるを得ません。