部下に嫌われない上司になるための注意点 – 上司は別にえらくない

残念ながら、世の多くの上司が部下に嫌われています。

中には、「上司は嫌われてナンボ」などと、嫌われて当たり前、むしろ嫌われていることが上司の証なのだという考えが出てくるほどに、大半の上司は部下に嫌われています。

しかし、一部の優秀な上司は、部下に嫌われることなく、良好な関係を築いた上で、適切なマネジメントを行っているものです。

部下に嫌われることを正当化している上司は、自身のマネージャーとしての能力のなさをごまかしているにすぎません。

今回は、部下に嫌われずに、上司としての役割をはたしていくための注意点について、ご紹介していきたいと思います。

部下に嫌われないための2つの基本要素

部下に嫌われないために、上司に必要とされる基本要素は以下の2つになります。

  • 人格
  • 実務能力

それぞれについて、具体的に見ていきたいと思います。

部下に嫌われないための「人格」

「人格」は、当然のことながら人の好き嫌いを左右する大事な要素です。

しかし、上司には人格に問題がある、嫌な人が多いものです。部下を持つまでは比較的まともだった人が、管理職になった途端に変わってしまったという話も少なからず聞きます。いったい、なぜなのでしょうか。

上司がえらいという先入観

人は与えられた役割を演じようとします。上司という会社で仕事として与えられた役割であれば、なおさら真面目に演じようとすることでしょう。

しかし、自分に自信がない人ほど、部下になめられることを恐れ、形から入ろうとしてしまいます。

そのようなときに、人が影響を受けるのは、演じる対象について自身が今までの人生で見聞きしてきた情報です。「上司」になろうとする人が影響を受けるのは、多くの場合、自身の今までの上司や、物語の中で見てきた典型的な上司像から抽出された、「上司っぽいイメージ」になるでしょう。

そこで多くの人が、不幸なことに「上司はえらい」という先入観を得てしまいます。

以下のような単なる上司の役割にすぎない事柄が、

  • 部下に指示をする
  • 部下に注意、指導をする
  • 部下を管理、評価する

「上司はえらい」という先入観により、以下のような勘違いに変貌してしまいます。

  • 上司はえらいので、部下に指示をする
  • 上司はえらいので、部下に注意、指導をする
  • 上司はえらいので、部下を管理、評価する

結果として、

  • 上司はえらいので、部下を「くん」づけや呼び捨てで呼ぶ
  • 上司はえらいので、部下を飲みに付き合わせてもよい
  • 上司はえらいので、部下が嫌がることをしてもよい

などという考えにまで発展してしまう人もめずらしくありません。

今どき、そういう上司は嫌われてしまいます。

上司はえらくないことを認識する

上司は別にえらくありません。

部下に指示をするのも、注意、指導をするのも、管理、評価をするのも、すべて仕事上の役割にすぎません。

部下が上司の指示に従うべきなのは、組織運営をスムーズにするための会社のルールであり、決して上司が部下よりも人間としてえらいからではありません。

そのため、飲みの席など、業務時間外に、部下が上司の言うことを聞くべき理由はありません。

今どきは、部下や後輩を「くん」づけや呼び捨てで呼ぶのも避けた方が無難でしょう。

尊敬は、上司だからされるのではなく、その人物の部下に対する日々の言動から自然と生まれて、育まれていくものであることを認識する必要があります。

確かにえらぶるのは気持ちがよい

それでも人は部下に対してえらぶりたくなります。

それは、人が多かれ少なかれ持っている、プライド、虚栄心、承認欲求が原因です。

そのような、自身が持っている本能を抑えてこそ、嫌われない上司に近づけると言えます。

シゴトコには、部下に嫌われない「人格」になるために役立つ、以下のような記事もあります。興味のある方はぜひご覧ください。

部下や後輩の正しい叱り方 - パワハラにならないポイントは
時代の流れとともに、今まで黙認されていたことがハラスメントと言われるようになり、部下や後輩への叱り方に困っているという声を多く聞きます。今回は、パワハラ認定されない、本来あるべき部下や後輩の正しい叱り方について、ご紹介していきたいと思います。
女性社員に嫌われないための10か条【男性向け】 - あなたは嫌われています
女性社員に嫌われている男性社員は、本人にその自覚がないことはめずらしくありません。今回は、男性社員が自覚なく女性社員に嫌われる言動をしてしまう理由を考え、実際に女性社員に嫌われないために心得るべき10か条についてご紹介したいと思います。
無自覚なハラスメントで失脚する人達 - アンコンシャスバイアスとは
あからさまなハラスメントが減ってきた現在、問題となっているのは、アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)が元となった自覚なきハラスメントです。今回は、自覚なきハラスメントの具体例と、加害者にならないための対処法についてご紹介します。

部下に嫌われないための「実務能力」

いくら「人格」がすばらしくても、仕事ができない、「実務能力」に欠けた上司は、いるだけで部下の仕事の邪魔となり、気持ちを逆なでする存在となります。

部下からは、それで高い給料をもらっていると思われるのですから、当然、嫌われてしまいます。

しかし、上司、管理職として必要とされる「実務能力」は、プレイヤーだったときのそれとは大きく異なります。

シゴトコでは、上司、管理職の方が、「実務」を行う上で役に立つ記事を、以下のように複数ご用意しております。気になる記事をご参照いただき、部下に嫌われない「実務能力」を培うための一助としていただければ幸いです。

管理職になるときの注意点 - 初めてのマネジメントで失敗しないために
課長や部長などの管理職は、一般の社員と何が違うのでしょうか。なんとなくイメージはできても、わからないことも多いかと思います。そこで今回は、管理職になる前に知っておきたい、管理職で失敗しないための注意点をご紹介します。
部下や後輩から不満をぶつけられたときの対処法 - 信頼を失う上司とは
マネージャーをしていると、ときに部下から不満をぶつけられることがあります。それは、自分のマネジメントに落ち度があった場合でも、なかった場合でも、起きうる事象です。今回は、上司として失望されないための対処法をご紹介します。
仕事ができる人とできない人の違い - 3つの能力とたった1つの頭の使い方
世の中には、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」が存在しています。今回は、「仕事ができる」と「仕事ができない」の定義を明確にした上で、「仕事ができる人」になるためのポイントをご紹介していきたいと思います。
上司や部下に話が通じないときの対処法 - 誰が悪いのか
会社では、仕事の報告や提案など、こちらが伝えたい内容を、相手に理解してもらえないことがままあります。今回は、上司や部下にどのようにすれば伝えたいことを伝えられるのかを、「相手に話が通じない3つの原因」をもとに、考えていきたいと思います。
やる気が先走る仕事ができない部下の対処法 - トラブルメーカー対策
管理職として様々な部下と仕事をしていくと、時に制御の難しいトラブルメーカー部下に出会うことがあります。上司として、そのような部下を受け持ってしまった場合、どのように対処すれば、被害を最小限に抑え、上司としての役割も全うできるのでしょうか。
部下が辞めないためのマネジメント術6選 - 上司が知らない部下の本音
部下の退職は突然です。上司が、部下の退職の気配に気づくころには、部下はすでに退職することを心に決め、転職活動を行っていることでしょう。今回は、部下に今の職場で働き続けてもらうために必要なマネジメント方法について考えていきたいと思います。
部下が無能だと感じたときの対処法 - 上司の責任はどこまで?
部下を指導していると、「この部下には何をやらせてもダメだ」と思わざるをえない場面に出くわすことがあります。そのようなとき、上司はどのように対処すれば良いのでしょうか。上司はどこまで仕事ができない部下の面倒を見なければならないのでしょうか。
上手な仕事の頼み方、部下への仕事の渡し方 - 丸投げは嫌われる
仕事を依頼した相手が、満足する成果物を上げてこないとき、相手が仕事を完遂するのに必要な情報を、依頼する側がきちんと渡せていない可能性があります。今回は、職場で日常的に行われている他者への仕事の依頼について、注意点や最適解をご紹介します。